入学案内

奨学金・学費ローン・学費減免制度について

親子で進路と向き合うことが何より大切
person_image

保護者の皆様が高校生だった頃と現代を比べると、大学・短大・専門学校の学費も大きく変化し、保護者の収入だけでは、進学が困難な状況も少なくありません。お子さんが進路選択をするにあたって、学費・進学後の生活費を考えることは、非常に重要なポイントとなるはずです。国や都道府県の公的制度なども利用しつつ、ご家庭にあった資金プランを立てるためには、保護者の皆様も積極的に様々な学費サポート制度の情報を入手しましょう。

奨学金制度とは何か?

奨学金制度とは、学習意欲のある学生に対して、進学するために必要な学費や生活費を、給付または貸与することにより、経済的な負担を軽減するために設けられた制度です。
「給付型」の奨学金は、支給された奨学金を返還する必要はありません。「貸与型」の奨学金は通常、進学した学校を卒業後、一定期間内に返還しなければなりません。
残念ながら現在の日本の奨学金は、ほとんどが「貸与型」の奨学金です。
貸与型の奨学金の代表的なものに、日本学生支援機構の奨学金制度があります。

scholarship_step2

日本学生支援機構(旧:日本育英会)の奨学金

最も広く知られていて、最も利用しやすい進学資金調達の手段として国が実施する貸与型の奨学金である日本学生支援機構の奨学金があります。
専門学校、大学への進学を目指す学生は対象であり、実際にKBC学園で学ぶ学生も多く利用しています。 日本学生支援機構の奨学金は、学生本人に貸与し、卒業後、学生本人が返還していくものです。

借主(返済者)=学生自身 『奨学金』は、学生自身が将来の夢を叶えるために進学するための貴重な手段なのです。
scholarship_step3

日本学生支援機構の奨学金には、どんな種類があるのか?

  • 第一種奨学金
  • 第二種奨学金
  • 入学時特別増額貸与奨学金

利息のつかない第一種奨学金と、利息のつく第二種奨学金があります。
第二種奨学金の利率は、経済・金融情勢により変動しますが、法令により年3%を上回ることがありません。また在学中は無利息です。
※参考:平成25年1月末の利率は、利率固定方式(貸与終了時の利率を返還完了まで摘要する)で年1.08%、利率見直し方式(返還中おおむね5年ごとに利率を見直す)で年0.02%となっています。
※日本学生支援機構 奨学金の種類や、第二種奨学金の最新の利率について、もっと詳しく知りたい方は、日本学生支援機構ホームページよりお調べ下さい。

scholarship_step4

日本学生支援機構奨学金貸与金額

区分 大学短大 専門学校備考
第一種
(無利子)
国公立[自宅生]月々/45,000円月々/45,000円 月々/45,000円他の奨学金制度と併用可能
国公立[自宅外生] 月々/51,000円月々/51,000円 月々/51,000円
私立[自宅生] 月々/54,000円 月々/53,000円月々/53,000円
私立[自宅外生] 月々/64,000円 月々/60,000円月々/60,000円
上記の金額か、3万円のいずれかを選択
第二種
(有利子)
3万、5万、8万、10万、12万円から選択
(私立[医・歯])12万円を選択した場合、4万円の増額可
(私立[薬・獣])12万円を選択した場合、2万円の増額可
入学時特別増額貸与(有利子) 10万、20万、30万、40万、50万円から選択
※この奨学金だけを申し込むことはできません。
第一種、第二種と併せて貸与される奨学一時金です。
scholarship_step5

奨学金はいつ、どうやって申し込めばいいのですか?

申し込み方法は2つあります。

(1)予約採用(専門学校入学前に申し込む方法)

高校在学時にお申し込みください。※募集の詳細な日程は高校にお問い合わせください。

高校生(3年生)→在籍している高校

※高校生は、3年次にしか申し込むことができません。

既卒生→卒業して2年目までは、在籍していた高校で申し込みます。

※募集に関する詳細や日程はそれぞれの高校(進路指導室など)でご確認下さい。

【主な留意点】

  • ・進学先が確定していなくても申し込みができます。
  • ・専門学校入学後に、申し込みのできる「②在学採用」よりも採用される可能性が高い!!
  • ・奨学金採用決定後に取り消しも可能です。
  • ・貸与開始は、5月です。

【募集の期間】

  • 第1回目の募集時期 4月~6月下旬(第一種・第二種 入学時特別増額奨学金)
  • 第2回目の募集時期 10月上旬(第二種のみ)

※予約採用で申し込みを検討されている方は、必ず在籍する(または卒業した)高校でご確認ください。

※申し込み手続きの期限に遅れないように注意してください。

予約採用(入学前)の手続きの流れ
  • 高校にてお申込み
  • 採用決定
  • 出 願
  • 合格入学
  • 奨学金支給開始(5月)

高等学校にて申し込み手続きを行って下さい。
無利子の「第一種奨学金」は年1回、
有利子の「第二種奨学金」は年2回募集を行っています。
※募集回数や募集時期は、各高等学校よってに異なります。詳細は必ず高校の先生へお問い合わせ下さい。


(2)在学採用(専門学校入学後に申し込む方法)

専門学校入学後にお申し込みください。

※入学後本学で4月にガイダンスを行います。ガイダンスで申し込みに必要な書類を配布します。

【主な留意点】

  • ・募集時期は、春だけです。
  • ・貸与開始時期は、6月中旬以降です。
  • ☆予約採用と在学採用。申し込み方法によって、貸与金額は変わることはありません。
在学採用(入学後)の手続きの流れ
  • 出願
  • 合格入学
  • 進学した学校にて申込み(4月)
  • 奨学金支給開始(6月~7月)

※奨学生採用には事前に審査があります。詳しくはお問い合わせください。

奨学金についての注意事項

  • 奨学金は、卒業後に長い年月をかけて少しずつ返していかなければなりません。今から将来の生活を見据えて検討する必要があります。
    必ず、事前に進学する専門学校・大学の入学や学費、県外や沖縄本島での生活費等を調べた上で、一種また二種、月々の貸与額を決めてください。
  • 奨学金を予約したから大丈夫?
    奨学金の支給開始時期は、「予約採用」「在学採用」ともに、進学後の5月以降となっています。入学前の入学金・前期(第一回学費)等を奨学金でまかなうことはできません
  • 例.専門学校の場合
    合格発表後1週間以内に入学金納付⇒入学確約
    入学金納付後1ヶ月以内に第一回学費支払い。
  •   大学等の場合
    合格発表後の2~3週間以内での納付となっているところが多いです。
    さらに、AO入試や推薦入試などで早い時期に合格した場合、通常より早く支払いが必要となります。教育ローンの活用をお勧めします。⇒ 学費ローン制度ページ

奨学金に関してのよくある質問

  • 奨学金を貸与した場合いつ頃から返還しなければいけないの?
    奨学金の貸与が終了したその翌月から起算して6ヶ月経過後に返還が始まります。
  • 例.3月貸与が終了した場合、10月から返済が始まります。つまり進学後、学校を卒業してから約半年後からとなります。
  • 返済時の利息は『固定型』と『変動型』どちらが良いですか?
    返済時の利息の算定方式は申し込み時期に選択するのですが、実際の利息が確定するのは卒業(貸与終了)後です。2年後、4年後の金利となりますがいずれの方式でも利息は3%以内と定められている点と貸与最終年度に手続きをすることで、申し込み時に選択した利息の算定方法を変更できます。
  • お金を貸与する場合、連帯保証人や保証人が必要だと思いますが、いない場合どうすればいいのですか?
    機関保証制度を活用する方法があります。機関保証制度とは、連帯保証人や保証人を立てるのではなく、一定の保証料を支払うことで、自分の意志と責任において奨学金の申し込みができる制度です。つまり、万が一、返済が滞った場合、保証期間が奨学生に代わって弁済します。ただし、返済が免除されるのではなく、後日奨学生は保証機関に一括(原則)で返済しなくてはいけません。保証料は月々振り込まれる奨学金から天引きされるので、奨学金の手取り額も少なくなります。人的保証(連帯保証人や保証人が準備できる方)を勧めます。
参考資料
項目 人的保証 機関保証
メリット 保証料が不要 連帯保証人、保証人が不要
デメリット 連帯保証人、保証人の選任、必要書類の準備など手間がかかってしまう。 保証料が必要。
【月額保証料の目安】
第一種¥1,600~¥3,100
第二種¥1,800~¥7,000
貸与額により異なります。
  • 予約採用で申し込んだ月額を変更できますか?
    採用通知後に、第2種の月額変更を希望する人は多くいます。一定期間内に手続きをすれば月額変更は可能なので、奨学金担当の先生へご確認してください。
  • 奨学金を返さなかったらどうなるの?
    奨学金を延滞した場合、年率10%のペナルティが課せられます。さらに長期間延滞し悪質と判断された場合は、法的な措置が取られ給与等差し押さえられる可能性があります。ただし、病気や経済的事情など正当な理由があれば、手続きをおこなうことで一定期間返済が猶予されます。その間の利息も免除されるので、返還が苦しくなった場合は必ず手続きをして下さい。本年度より「減額返還」制度が導入されました。しっかりと手続きをおこなうことで月々の負担が軽減できいます。
  • 奨学金の繰上げ返済は可能ですか?
    規定の手続きをおこなうことで繰り上げ返済は可能です。その場合、繰上げにあたる期間の利息はかからないのでトータルの返済額を減らすことができます。

どうやって奨学金は返還していくの?

24ヶ月間貸与した場合:第二種の年利3%の場合
種類 貸与月額 貸与総額 返還総額
年利3%の場合
返還月額 返還回数(年数)
第一種
(無利息)
3,0000円 72,000円 6,666円 108回(9年)
53,000円 1,272,000円 8,833円 144回(12年)
60,000円 1,440,000円 9,230円 156回(13年)
第二種
(有利息)
30,000円 720,000円 833,004円 7,713円 108回(9年)
50,000円 1,200,000円 1,448,002円 10,055円 144回(12年)
80,000円 1,920,000円 2,349,227円 15,059円 156回(13年)
100,000円 2,400,000円 3,018,568円 16,769円 180回(15年)
120,000円 2,880,000円 3,672,102円 19,125円 192回(16年)

教育ローンのご紹介

本校は、学校教育法に定める専修学校基準に基づき認可された専門学校ですので、地方銀行・都市銀行、または、沖縄振興開発金融公庫の教育ローンが利用できます。ここで、代表的な金融機関をご紹介いたします。

金融機関名適用利率融資最高額最長貸出機関保証人連絡先
沖縄県
振興開発金融公庫
年2.35%
(固定)
300万円15年以内あり
又は保証基金
本店
098-941-1795
琉球銀行(※1)
「合格バンザイ」
年2.3%(変動)500万円(無担保)14年6ヶ月以内基本的になし0120-38-8689
1,000万円(有担保)21年6ヶ月以内
沖縄銀行(※1)
「枠々教育ローン」
年2.3%(変動)
(平成26年4月 30日まで)
500万円(無担保)14年6ヶ月以内基本的になしローンステーション那覇
0120-817-810
1,000万円(有担保)21年6ヶ月以内
沖縄海邦銀行(※1)年2.5%(変動)
(平成26年4月30日まで)
300万円10年以内基本的になし首里ローンプラザ
0120-0556-89
JAおきなわ(※1)
「親心」
年1.3%(変動)条件付き
(保証料別途必要)
(平成26年4月30日まで)
300万円11年6ヶ月以内基本的になし本店
0120-400-666
沖縄ろうきん(※1)年2.7%(変動)
(平成26年4月30日まで)
1,000万円15年以内基本的になしローンプラザなは
0120-232-100

(平成25年12月9日現在)

上記金融機関ご利用の際は、直接店舗窓口へお問い合わせの上、詳細をご確認ください。
※1 キャンペーン期間中優遇金利です。

KBC学園グループ提携学費ローン

本校では保護者の皆様の経済的負担を軽減するため、在学期間中は、利息(分割払手数料)のみをご返済いただく「元金据置払」など、多様な選択ができます。

金融機関利率融資最高額貸出期間保証人メリット申込・連絡先
(株)ジャックス年4.2%
(固定金利)
500万円15年以内基本的になし手続きが簡単
来店不要
ジャックス
0120-338-817
(株)オリエント
コーポレーション
年4.2%
(固定金利)
500万円なし
借入額に応じ、
最低返済金額の
規定あり
基本的になし手続きが簡単
来店不要
オリエント
コーポレーション
0120-517-325

(平成25年12月9日現在)

上記金融機関ご利用の際は、直接店舗窓口へお問い合わせの上、詳細をご確認ください。

学費納入相談制度

学費納入に関するご相談を、KBC学園選任の学費アドバイザーが承ります。
詳しくは本校フリーダイヤル0120-79-3229まで、お気軽にお問い合わせください。

KBC学園グループ学費免除制度(入学生対象)

免除金額300,000円、100,000円、50,000円
※書類などの選考により総合的に判断し、免除金額を決定いたします。
免除時期1年次第2回学費(平成27年8月)より免除。
※免除金額が第2回学費を上回る場合、差額を2年次の学費より差し引きます。
対象者推薦(学校・自己)入学で出願し合格した者。ただし、併願出願者は除く。
応募資格1.評定平均が3.0以上の者
2.『学校推薦書(様式2)』もしくは『自己推薦書(様式3)』を提出した者
募集人員KBC学園グループ合計150名程度
選考方法書類審査のみとなります。
出願書類1.出願書類一式
2.学費免除制度申請書(様式4)
応募期間第1回 平成27年10月1日(木) ~ 10月31 (土) 必着
第2回 平成27年11月1日 (日) ~ 12月26日(土) 必着
選考日第1回目 平成27年11月上旬
第2回目 平成28年1月上旬
選考結果選考日より2週間以内に結果を郵送いたします。

KBC学園グループ入学金割引制度(3万円免除)

入学金割引(3万円)カードを提出していただいた入学者に対し、特典として入学金30,000円を免除する制度です。入学金割引カードは、KBC学園グループ各校のオープンスクールや進学相談会に数回参加するともらえます。

特典入学金より30,000円を免除。
応募資格本校出願者で推薦入学・一般入学は問いません。
受付期間平成27年10月1日(木) ~ 平成28年3月31 (火) 必着
提出書類1.出願書類一式
2.入学金割引(3万円免除)カード

※出願後に提出した場合、免除にならない場合があります。必ず、入学願書と一緒に提出してください。
※本人名義のカードに限ります。

KBCグループ家族割引特典制度

KBC学園グループ(国際電子ビジネス専門学校[旧校名:国際ビジネス専門学校]・沖縄大原簿記公務員専門学校[旧校名:国際会計専門学校]・エルケア医療保育専門学校・インターナショナルリゾートカレッジ・インターナショナルデザインアカデミー・沖縄ペットワールド専門学校・ビューティーモードカレッジ・インターナショナルデザインアカデミー高等課程・未来高等学校 沖縄学習センター)の新入生、在校生または卒業生に4親等以内の親族(親・兄弟姉妹・いとこなど)がいる入学者に対し、特典として50,000円を免除する制度です。

特典1年次学費より50,000円を免除※1年次第2回学費(平成27年8月)より差し引きます
応募資格本校出願者で推薦入学・一般入学は問いません。
受付期間平成27年10月1日(木) ~ 平成28年3月31 (火) 必着
提出書類1.出願書類一式
2.家族割引特典制度申込書(様式5)
  • 学校見学
  • 資料請求
  • オープンスクールのお申込み