学生ボランティアでミャンマーに井戸を作った!

学生ボランティアでミャンマーに井戸を作った!

沖縄大原簿記公務員専門学校、エルケア医療保育専門学校では学生のボランティア活動の一環で発展途上国に井戸を建設する資金造成活動を行い、(認定NPO法人)アジアチャイルドサポート に資金を託しておりました。
この度、ミャンマーの小学校に学園と大原、エルケアの名前が刻まれた井戸が完成し、感謝状と写真が送られて参りましたので皆様へご報告させていただきます。
アジアの発展途上国に学校や井戸を建設し、国際貢献されているアジアチャイルドサポートの代表池間哲郎さんの講演を通じ、安全な水がないために命を落としたり、水汲みで学校にも通うことができず、貧困から抜け出せない子供たちがいることを知った学生たちが5年前に募金活動を始めました。
校舎で溜まるアルミ缶の換金や募金などコツコツと資金をつくる活動でしたが、いざ井戸が完成し、その水を汲んでいる子供たちの姿を見て在校生はもちろん、活動に関わった卒業生、そして職員も人の役に立つ[自利利他~喜ばれる喜びを~」を改めて感じているようです。
人間性教育の実践活動としても引き続きボランティア活動に取り組んで参ります。
最後まで目を通していただきありがとうございました。

PAGE TOP